資産運用とこどもじかん

資産運用と子供時間

家計のプレッシャー。中学受験どうするか?遂に小学3年生!

目次

 

家計のプレッシャー

我が家でのお金に関わる決定権はほぼ私にあります…。

主人が信頼して任せてくれることは有難いし、

私も投資や貯金について考えるのが好きだから、こんなブログも書いています。

 

 

が、

ローンも、

生命保険も、

学資保険も、

資産運用も…、

その都度、一人で物凄い調べて、まあ、疲れる事もあります。

 

もし、独身だったら。

投資でお金を減らしちゃおうが、降りかかる災難は自分にだけ。

でも、子供が2人います。

中学受験。

するかもしれない。

もし子供が「受験したい」と言ったら、

その時はやらせると言うことで、夫婦で意見が一致しています。

資産運用でコンスタントに月10万円の利益を上げられれば、受験費用にも余裕が出るだろうなと思ったのも、投資を始めた理由の一つです。

(それだけではありませんが)

 

www.with-children.com

 

中学受験をするなら、それに伴う費用をどうやりくりしていくか…ということを考えるのは私の役目となりそうなので、非常にプレッシャーを感じています。 

 中学受験はするべきなのか

f:id:ssily:20210314205531p:plain

中学受験をしない選択をしたら、金銭的には楽ですね。

親の精神的負担も中学受験をする場合より少ないと思います。

時間がある分、英語を勉強したり、スポーツをとことんやり尽くしたり、家族で海外旅行を楽しんだり出来るでしょう。

 

でも、中学受験をしない選択は子供にとってどうなのかなと考えてしまう事もあります。

私自身は中学生受験をしなかった口です。

大学受験の時には代ゼミ(懐かしい)に通って、友達と自習室に篭って切磋琢磨したのはいい思い出。

努力家の友人達が、たくさん難関大学に進学して行くのも見ました。

みんな当時は高校生で、親にやらされるでもなく、自分の意思で取り組んでいたからこそ、充実した時間でした。この大学がいいんじゃない?なんて言うアドバイスも一切親からありませんでした。

 

正直、小学生で本当の意味で自分の意思で中学受験をしている子って何%位なのでしょうね。「お医者さんになりたいから」とか「〇〇の開発に携わりたいから」という志を聞くと素晴らしいと思うけれども、その職業に辿り着く道や公立•私立の比較など様々な角度から精査した上で言っているわけでは無く、親のコントロール下での発言かなとも感じます。

まだまだ未熟な小学生を親の意に沿うようにして、勉強に膨大な時間を費やすことに疑問を感じないかと言えば嘘になります。

 

でも。

大学や社会に出るとそれまで出会わなかった中学受験を経験してきた人にたくさん出会いましたが、みんな本当にその仕事振りも人格も素敵な人です。

「子供の時は辛かったけど、中学受験して良かった。世界が広がった」

「中学受験させてくれた親に感謝している」

と、中学受験の感想を言っていました。

また、中学受験を経験してきた人の人脈やコネクションに驚いたのも事実です。

 

あーーーもうどうしたらいいのかわかりません‼️笑

 

mori
誰しも、自分の経験を元に話すから、本当はどちらが良いとか言えないよね。
 

 

mori
来月3年生だよ…うう…早い…
 

 有名な中高一貫校で教師をしている友人に意見を聞いたことがあります。

すると…

「子供の特性や性格によって、私立中学がいい子もいれば、公立中学でもいい子もいると思うよ。」

mori
……納得。
 

来月3年生の我が家の長男、モリロー。

一般論に当てはめるのではなく、

彼にとってどの様な選択がいいのか?

と言う視点で、考えていきます。

 

 中学受験にかかる費用

いろんなサイトで調べてみました。

3年間で総額300万円。

6年生時には毎月11万円程度。

というのが相場なようです。

でも、仮に合格したとしてもゴールじゃありませんからね…。

中高一貫校6年間で総額600万円〜700万円がかかるそうです

中学受験をする家庭の50%以上が世帯年収1000万円を超えている事も、かかる費用を考えれば納得。(下記グラフ参照) 

f:id:ssily:20210315105459j:plain

栄光ゼミナールサイトより引用



mori
………。いやあ、我が家は中流家庭なので、正直、払えない額じゃないけどきついです。これからも中学受験するかもという視点で、投資頑張ります。