資産運用とこどもじかん

資産運用と子供時間

人生100年?夫婦仲とエリクソンの理論

目次

エリクソンの理論

今回は、また心理学を学んでいた時にとても興味深かった内容を紹介します。

エリクソンの理論です。

※放送大学 人格心理学より引用。

f:id:ssily:20210318153843j:plain

 

簡単に言うと、

人は人生の各段階で、危機と発達課題がある。

危機を乗り越えて課題をクリアすると新しい能力をゲット!次のステージに進める。

課題がクリアできないと、その段階に停滞したまま。

と言う内容。

 例えば、0歳から1歳の赤ちゃんなら、基本的信頼を得ると「希望(を持つ)」の能力を得られて次のステージに進めるということです。

 

 さて、私は今壮年期です。

壮年期は35歳〜65歳!(長い…)

mori
生産性を獲得して、「世話」の能力を身につける時期です!
 

ふむ。

生産性を獲得か…。

mori
ここでいう生産性とは、次世代育成能力!
 

 若い頃って色々な人と無意識に張り合ってたりとか、人の成功を妬ましく思ったりとかする時も多いですよね。

(今は全くないかと言ったら嘘になりますが。)

でも、もうこの歳になると、子供の成長や会社では若い世代を育てることに喜びを感じる事ができると思います。

そうありたいなと思います。

 

このエリクソンの理論は、アラフォーになった今、ちゃんと人生の階段登れているかな?と考えるきっかけになりました。

 因みに、壮年期の前段階(成人前期)で「愛」の能力を得ていないと壮年期には進めません。私の場合は、家族を持ち、その中から学ぶ事で前段階をクリア出来たように思います。

 

mori
モリロー!学童期(6歳から13歳)は勤勉性を身につけなきゃだよ!
 

 

キンベン❓何それ、美味しいお弁当❓
 
モリロー

 

mori
だめだこりゃ……
 

 

 壮年期は長い!夫婦仲を考える

 壮年期は長いです。

次世代育成に力を入れて充実した日々を過ごしても、

子供達の手が離れたら❓

会社を辞めたら❓

急につまらない毎日になるなんて私は嫌です。

巷では、

「子供達が手が離れた後に何かをすれぼいいのか分からない」

「夫婦2人で仲良くもないし家に居ても楽しくない」

という話も聞きます。

 

私の理想は、

子供達が手が離れた後にも、主人や友人との関係性が良くて旅行や趣味を楽しめる事!

人との関係は黙ってても良くならないですからね…。

自分の主人に対する振る舞いなどを考え直したいなと思うこの頃です。 

恐らく、思いやりが圧倒的に足りてない。

mori
圧倒的思いやり不足
 

子供の運動会などにいくと、

「とっても仲良いな〜」

と思うご夫婦、いませんか?

素敵ですよね。

我が家はというと…(笑)

結婚から出産までは喧嘩するような事もなかったんですが、出産後は喧嘩が増えました。

産後クライシス的な感じです。

私が求める要求が主人は負担。

私は子供が産まれたのに、なんで自分だけこんなに負担を負わなきゃいけないのかと主人にイライラしていた時期がありました。

上の子が一歳の頃。

夕方からが恐怖の時間で、昼間に頑張って出汁をとったご飯はべーーされる。

ナイーブな子で、寝たと思っても、ちょっとの物音で起きては泣き、起きては泣き。

大好きなコーヒーも熱いうちに飲める事が無い自分に対して、飲み会から帰ってきた主人に当たり散らしたこともあります。

(恥ずかしい…)

 

夫婦仲をグラフにしてみました。

(資産運用のノリ?)

 

f:id:ssily:20210318134151p:plain

 共働き2年目(フルタイム時)の仲が最悪です。

この時の事は少し記事にしています↓↓

 

www.with-children.com

 現在は、私も主人も思いやりを少しずつ学んで、夫婦仲上昇中。

でも、まだまだなんですが。

「ありがとう」の声かけ。

忘れない様にしたいです。