資産運用とこどもじかん

資産運用と子供時間

子供と一緒に化石発掘‼️

コロナ禍でなかなかお出かけも出来ず、過去の子供とのお出かけ写真を見ては、懐かしさと共にまた行きたい欲がふつふつと…。

その一つが、化石発掘!!

 

大人も夢中になって楽しめる子供とのアクティビティです。

子供との遊びって正直なところ大人的につまらないものもあると思います。ごっこ遊びで何かの役をひたすらやらされる…とかはちょっと辛いです。以前、子供にリカちゃんの家に訪ねて来る友達役を1時間やらされてかなり疲弊し、  遊びに来た途端に昼寝する友達を演じてしまいました…。

が、化石堀りは大人が夢中になってしまいます!

化石というと日本で一番有名なのは福井県ですね。フクイティタン等の恐竜が発掘されてるので夢があります✨

関東に住んでいる我が家としては遠いし、現実的ではありません。福井県立恐竜博物館やかつやまきょうりゅうの森、いつかは行きたいけど…。

という訳で我が家が行ったことのある化石発掘は、

東松山市「化石と自然の体験館」

那須塩原市「木の葉化石園」

この二つです。どちらもかなり楽しめました‼︎

 

今回は、

東松山市「化石と自然の体験館」 

に行った時のお話です。

こちらは市の施設なので、東松山市のホームページから、事前予約が必要です。

※2021年1月現在、コロナ対策下で体験が出来るようです。私が行ったのはコロナ以前です。

 

始めに、東松山市の化石についてや化石発掘方法に関しての説明があります。東松山市周辺は太古の昔には海だったらしく、約1500年前の地層から、サメの歯等の化石が見つかる…という、期待を膨らませるお話です。そして、説明を一通り聴いたら、いざ化石発掘!この時はリピーターの方が多く、約1/4がリピーターでした。

 

化石発掘は、

①ふるいにかけて探す。

②石を割って探す。

の2種類。

発掘時間は1時間。時間内で好きな発掘方法へ自由に移動できます。ふるいの方は子供でもやり易く安全なので、ほとんどの方がふるいでの発掘方法にずっと取り組んでいました。

 

私達も前半はふるいでの発掘に挑戦!

化石かな??と思うものがあれば、スタッフの人に聞くと答えてくれます。ちょっととんがったものが見つかると、「これ、サメの歯の化石ですか⁉️」とすぐにスタッフの方に尋ねる息子。「ただの石だよ〜〜がんばれ〜」「化石だと思ったのに😭」というやり取りを繰り返す事15分程。遂に、「これはウニの棘の化石だよー」と言われるものを発掘し、「お母さん‼︎化石だって‼︎」と大興奮😋2人で時間も忘れてキャ-キャーしてました。

 

後半。私は大物(?)をゲットしたい欲がむくむくと湧き上がり、館の外での大きな石割りに息子と挑戦!!(かなりの人数が参加していましたが、石を割っていたのは2組だけでした。)

ひたすら割り続ける事30分…。石を割った面に黒光りする曲線の尖ったものが…。

なんと、なんと、アオザメの歯の化石をゲットです!!達成感!!楽しい〜〜〜〜

 スタッフの方にも、

「やりましたね!!お母さん、すごいすごい!😁 」

なんて言われて、えへへな気分でした。

息子も「やったあ〜〜‼️凄い-‼️」と飛び上がって、尊敬の眼差しを注いでくれました。

そして、アオザメの歯を発掘したところで、ほぼ制限時間終了。

「まだ、発掘したい!早すぎる😢」

と息子は嘆いていましたが、本当にこれには私も同意見で、夢中になっていると1時間の発掘はあっという間です。2時間はやりたかったなというのが感想。とは言え、こちらは予約制なので、既に次の予約の方々が待機しており、時間に関しては厳守となります。

 

ふるいにかける発掘方法はこんな感じ。

f:id:ssily:20210119214710j:plain

 

 

石を割って探す方法はこんな感じです。

f:id:ssily:20210119214733j:plain

木槌がかなり重いので、低学年の子供には少し扱い辛そうでした。

軍手は持参し、ゴーグルと木槌は貸してもらうことができました。

 

最近は、子供と感情やを共有できる事に凄く楽しさを感じます。

赤ちゃんの時、その時々で不意に見せる成長や笑顔に感動はありましたが、基本的に子供と2人きりなので、その気持ちをすぐに共有できる相手がいなくて。共有したくて写真を撮っては、「今、〇〇がこんな事したよ!」「ご飯を食べてる〇〇で〜す」なんて仕事中の主人に画像をよく送信していた様に思います。

今は映画を見たりアクティビティをしても、一緒に泣いたり興奮したり出来るのが本当に嬉しいです。映画を見た後に子供の感想を聞くのも大好きです。全然ストーリー理解出来てないじゃん!ひー!アホなの⁈😂とずっこける様な感想もあるけど、時々、目から鱗の視点とか、成長が感じられる感想が飛び出すこともあり。

 

少し話は飛んでしまいますが、やはり資産運用で継続的に安定した利益をあげられる様になって、今しかない子供との時間を大切にしたいと思うのでした。(会社員としての仕事も頑張りますが)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村