資産運用とこどもじかん

資産運用と子供時間

ワーキングマザーの資産推移!【投資信託編】

 

※過去の投資信託の記事をグラフや表などを📊使って、大幅に加筆修正しました。 

 

資産運用初心者が投資信託をまず選んだ理由

私は、共働きで家事・育児の時間も多い。

逐一、取引に関する情報をチェック出来ない。

よって、デイトレードの様な売り買いは出来ない。

そんな私に向いている資産運用って何かな…と子供を寝かしつけた後に夜な夜なiphoneで調べてました。そして、辿り着いた一つが投資信託です。

 

投資信託とは、

投資家から集めた大きな資金で、資産運用の専門家が株式・債券等に投資・運用する商品

です。

何やら難しいですが、「投資のプロが自分の代わりに資産運用してくれる」ってことですね。

経済の流れや世の中のお金の動きをよく理解していて、企業の決算書も読み解けたり…という人は株やらを個人で運用し、ガンガン稼いでいるんだと思います。

一方、私はただの兼業主婦。日経新聞も読まない。大学で経済を学んだ事もない。でも…運用したい。という事で初心者🔰に合う投資信託を選択しました✨

 

次に投資信託なら何が良いのかをまたまた夜な夜な調べまして…選んだのが以下です。(特技は調べ物です!)

 

 楽天・全米株式インデックスファンドを選択。日本の投資信託は選ばなかった理由。

噛み砕いて言うと、「アメリカの株いろいろ、詰め合わせ商品」。一つの会社のの株を買ったら、その会社が駄目になれば株もパーですが、こちらは複数の会社の株を組み合わせた詰め合わせ商品なので、どこかの会社が悪くてもどこかの会社が良かったり……平均すると安定して利益を取れるイメージです。
 
なぜ日本株を選ばなかったかというと、大きく二つの理由があります。
①単純に少子高齢化社会が進みすぎていて、今後も日本が発展し続けるイメージが持てなかった。
②政府(日銀)の税金による大量のETF買いの事実を知り、日本株は今後が怖いと感じた。
この2点です。
 
そして、楽天・全米株式インデックスファンドを2020年2月から5回くらいに分けて30万円分買いました。
30万円投資して、約1年間でどれだけ増えたのか、詳細を公開します。
 

ワーキングマザーの資産推移(楽天・全米株式インデックスファンド)

投資額は実際に私が払ったお金

資産額はその結果どれだけ増やせたかを表しています。

始めての投資は及び腰だったので、楽天ポイントで500円分だけ…。

その後、どんどん投資額を増やし、今年1月末には迷うことなく10万円分増やし、計30万円分の投資額となりました。

 

 

投資額と資産額の推移

 

月単位

投資額

資産額

利益

2020.2

1,000

887

-113

2020.3

1,000

765

-235

2020.4

1,000

849

-151

2020.5

5,000

5,050

50

2020.6

200,000

192,261

-7,739

2020.7

200,000

199,214

-786

2020.8

200,000

216,469

16,469

2020.9

200,000

207,540

7,540

2020.10

200,000

204,846

4,846

2020.11

200,000

226,769

26,769

2020.12

200,000

232,793

32,793

2021.1

300,000

338,941

38,941

2021.2

300,000

335,167

35,167

 

 コロナ禍での株暴落を受けて、2020年2月〜4月、6月、7月は若干ですが投資額に対して資産額がマイナスになっています。
そこからは増える一方です。
 
グラフにすると以下になります。
着実に利益が増えているのが分かります。
 
f:id:ssily:20210213232743p:plain
 
結果として、現在まで、30万円の資金で➕50,000円以上の利益です。
 
楽天・全米株式インデックスファンドの2018年からのパフォーマンスのグラフを見てみます。コロナ禍での暴落も長い目で見ると一時的なもので、投資信託は着実に利益を積み上げられることが分かります。
このファンドに関してはまた暴落しても、持ち続けていれば大丈夫だと自信を持っています。
 
f:id:ssily:20210115090451p:plain
 
なので、またまた買い増ししようかな…と検討中!
 
最近、numbersでグラフや表を簡単に作れることを学びました。
これからはトラリピや家計に関する事も、もう少しnumbersを駆使して記事を書ければと
思います。