資産運用とこどもじかん

資産運用と子供時間

ゲームは無制限?制限あり?メリット•デメリット【小学生男子】

 

皆さんのご家庭ではゲームに制限を設けていますか?

我が家は設けています。

因みに私自身は、かなり放任な家庭に育ったので、ゲームは無制限•勉強も完全自己管理でした…。

今回はゲームに時間制限を設けた結果のメリットとデメリットを書いてみたいと思います。

  目次

 

時間制限を設けた理由

f:id:ssily:20210513160914p:plain

Switchを購入したのは小学1年生の時です。

これは、周囲ではごくごく平均的でした。

早い子はもちろん未就学児でも持っていましたが、一年生でも持っていない子はたくさんいたので、特に遅い訳でもない印象。

 

さて。

Switchを購入後、主人と私で時間制限に関して簡単に話し合いが持たれましたが、夫婦共に時間制限はしようという事で意見は一致。

因みに私同様に主人も小学生時代のゲームに時間制限はなし。

当時はファミコン&スーパーファミコンでしたが、マリオやらロックマン、FF、ドラクエ…と一通り自由にやっていた手前、

(え、、自分の子には時間制限させるのかーーーい!)

と自分にツッコミつつ、内心後ろめたい気持ちはありましたが…。

 

時間制限を決めた理由は、

ゲームより今しかできない実体験•コミュニケーションをたくさんして欲しいから。

というのが大きいです。

 

私も心理学を少しですが勉強し、

子供の頃は、実体験をする事で良い脳の刺激になり、心も身体も成長する

事を学びました。

小学生は、

語学で言うと、臨界期。

(語学を習得するのに適している時期)

スポーツで言うと、プレ•ゴールデンエイジ、ゴールデンエイジ。

(神経系が発達し、動きの巧みさを身につけるのに最も適している時期)

などなど……大人になってからでは絶対に取り返せない貴重な時期。

 

ゲーム楽しいけど、それは私も知ってるけど…、大人になってからでもやりたければ、充分やり込めるよ…と思います。

 

mori
そんな考えを基に、我が家の1日のゲーム時間は1時間までです。しかしながら、時間制限を設けたデメリットも多少はありました。
 

 

 

デメリット

①「〇〇くんのお家は、何時間でもゲームしていいんだって」などと子供から文句が出る。

これについては2回程言われました。

強い文句ではありませんでしたが、

「いいな〜〜ゲームやり放題の〇〇くんはもう〇〇もクリアしたんだって。ポケモンもレアなのいっぱい持ってるし…」

などとブツブツ(笑)

これについては、

「お父さんとお母さんは〇〇に目が悪くなって欲しくないのと、ゲーム以外でも楽しい事を色々して欲しくて時間制限にしてるよ。これがうちの考えだよ。」

とキッパリ伝えています。

一方で、スポーツやプログラミング•本など、子供が興味を持ったものはできる限り経験できる機会を設けています。

化石掘りや天体観測もしてるよ♪↓↓

 

www.with-children.com

 

 

②友達と一緒にプレイした時に「レベルが低すぎる」「一緒にやってもつまらない」と言われる恐れ。又は、話題について行けない恐れ。

これは多少ありました(笑)

ゲームし始めの頃、例えばポケモン交換で弱いポケモンばっかりだと、「レベル低すぎ!」とお友達から言われた様子。

凹んでました。

でも、自分の持っているレベル低めなポケモンとでも快く交換してくれるお友達を見つけて、乗りきっていました。後々レベルも上がった様子。

フォートナイト(我が家は未経験)とかしてるお子さんだと、弱いと罵声を浴びせられていきなり外される……なんて事もあるみたいですね。うーーん。

 

「Switchを買わないと話題について行けない」

「フォートナイトしないと話題について行けない」

と主張するお子さんがいますが、多少大袈裟に話を盛っていると思います。(個人的見解です)。

 

我が家の場合はSwitchはしますが、Switchを持ってなくても、他のスポーツや将棋等のコミュニティで生き生きしてる小学生もたくさん知っています。

結局、その子がどんな子供達、どんなコミュニティと仲良くするかによって、ゲームとの付き合い方も変わって来るのかな…と。

逆に言えば、例えば、親がフォートナイトを無制限で許可すると言う事は、同じ考え•方針の家庭や子供達に自ら近づいて行くと言う事だと思います。

 

  メリット

①休日に家族で何しようか?と主体的に考えられる。

上の子も下の子も土日に習い事がある時も多いですが、我が家では、何も予定がない時は、

「何しようか?!」

とみんなで考えるのが定番。

現在、緊急事態宣言で旅行など控えていますが、過去には、

国立科学博物館(上野)

日本未来科学館(お台場)

宇宙ミュージアムTeNQ(水道橋)

つくばエキスポセンター(つくば)

水族館は、サンシャイン、八景島、品川、すみだ、大洗、葛西、鴨川…(それぞれ2回以上行ってる笑)

などなど、小さい頃から色々な博物館や水族館に連れ出しています。

緊急事態宣言前に行ったすみだ水族館では、産卵仕立てのクラゲに遭遇し、えらく感動していました。

 

②本を読む

f:id:ssily:20210513161844j:plain





これは、ゲームに時間制限を設けたのだけが理由ではなくとも、一因ではあると思っています。

1時間のゲームが終わった後に、

あ〜あ、もうゲームの時間終わっちゃった〜〜何しよっかな、あ、本読も〜。
 
モリロー

 と言う具合に本を読み出して、没頭してる時も。

お陰で活字に苦手意識は無く、男子の割には作文が代表に選ばれるなど、割と国語が得意です。

参考記事↓

 

www.with-children.com

 

③ゲームがなくても友達と仲良くできる

私的に、良いな〜と思っているポイントです。

無制限にゲームをしないので、ゲーム時間が終わっても、友達と、

「キックボードする?!」

「オセロする?!」

「ポケカ(ポケモンカードゲーム)する?」

などど案を出し合って楽しく遊べます。

以前、家に遊びに来た子で、私が、

「はーい、ゲームはおしまいね〜」

と言った瞬間に、

「ちぇ〜、つまんない、帰るー」

と帰ってしまった事がありました。

その後、他のみんなはまだワイワイしていました。

友達とゲームでしかコミュニケーションが取れないというのはちょっと寂しいかなと感じます。

 

 

mori
ゲームに時間制限を設けている我が家の場合の記事でしたが、e-sportsなどが盛んな今、逆に無制限でやらせると逆にどんなメリットがあるんだろうっていう興味もあります。